にじいろぱれっと

9月27日宮城県石巻市・いきがいつくり「積木プロジェクト」1回目開催

9月27日(木)
開催時間:11:00~14:00
開催場所:こども∞感ぱにー黄金浜ちびっこあそび場
参加:地域住民16名(大人10名、子ども7名)
指導:SOAT 藤原久美子、渡邊廣一
東北生活文化大学教授 森敏美
協力:NPO法人こども∞感ぱにー
木端材提供協力:株式会社アクタス、株式会社アカセ木工
IMG_0126_800
<活動の様子>
 世代を超えた交流と男性高齢者の参加を狙いつつ設定した積木プロジェクトの1回目を行いました。朝からの雨で、どれくらいの参加があるのか多少の不安の中、ワークショップはスタートしましたが、小さなお子さんに傘を差しながら6名のママたちと4名の高齢者が集合してくれました。 高齢者の方々は目の前のテーブルに用意された布やすりと木片を見るなり、挨拶もそこそこに木片を削り始めました。「軍手とマスクをしてください。」とお願いすると、「俺はマスクいらねぇ。息できなくなっから。」「私は軍手、片方でいいよ。」といった会話がスタートしました。
IMG_0110_800IMG_0105_800IMG_0112_800
参加していただいた高齢者の方につられるように若いママたちも積木削りに加わりました。いつの間にか、連れてきたお子さん達も見よう見まねで積木削りに参加していました。家に帰ればおじいさん、おばあさんの方々は気軽に初めて出会う子どもたちに声を掛けたり、ママたちとの会話に話が弾んだようです。
IMG_0100_800IMG_0125_800IMG_0111_800
いつの間にか話は震災時の状況や体験談になり、震災後この地に縁があってすむようになったママたちも地域の置かれた状況を知るきっかけができたようです。そういう意味でも今回の積木プロジェクトは世代を超えた、内容のある交流になったと思いました。 また、地域の方々とお昼ご飯を一緒にするというSOATとしては貴重な機会もありました。
IMG_0122_800
14:00~15:00 片付け、振り返りミーティング
・大雨の中でも参加者がいてくださり良かった。
・次回、開催告知のしかたの工夫が必要。
・地域の交流にはつながった。
IMG_0128_800

↑このページの先頭へ