にじいろぱれっと

6/3 宮城県 地域コミュニティづくり / レザー小物ケース作り

令和元年6月3日(月)「レザーの小物ケース作り」講師育成講座実践開催
場所:宮城県石巻市渡波子育て支援センター
10:00~12:00 
地域サポート5名:金子さん、城間さん、板橋さん、門脇さん、本川さん、
石巻市社会福祉協議会:2名、渡波子育て支援センター職員2名
サポート:SOAT2名
参加者:15名

10:00~11:30
・挨拶、説明、制作開始
・5月21日講師育成講座受講者地域住民が講師やこどものサポートを行った。
DSC00007_800DSC00008_800DSC00011_800
活動の様子:
父の日のプレゼントとしてあげられるコインケース(財布)作りとして、子育て支援センターを利用するお母さん達が参加した。
参加者が多かったので2回に分けて開催し、参加する時はお子さんを地域サポーターや職員が預かり面倒をみる。
今回の作り方の指導と事前準備は、前回受講者として参加した地域の方々が行った。慣れない事で不安はあったようだが、以前も地域内で作り方を教えた経験があり、本番では堂々と丁寧な説明が出来ていた。
レザー生地はいろいろな色と厚みのものを用意したので、始めに材料を選ぶ時には見て触って確かめながら、どれにしようかな?と迷う時間も楽しんだ。
DSC00015_800DSC00032_800DSC00040_800
時間短縮の為あらかじめ形にカットされた生地に、穴を開けて金具を取り付けるところから制作をスタート。
穴あけや金具の取り付けには専用の金属棒や金槌などを使い、慣れない道具の扱いに最初は恐る恐るだったが、力を入れて金槌でカン、カン、と音を響かせて打つ作業は慣れてくると楽しく、ちょっとしたストレス解消にもなっていたようだった。
途中で泣き出したお子さんを抱っこしてあやしたり、一度おむつ替えに抜けたりする場面もあったが、それでも全員が最後まで取り組み自分の作品を完成させることができた。
DSC00045_800DSC00058_800DSC00029_800
今回初めてセンターに来たという方も居たが、制作の場では同じテーブルを囲んだお母さん達同士での自然な会話が生まれ、コミュニケーションの場にもなっていた。
参加者からの感想「楽しかった。」「上手にできて嬉しい。」「レザーってもっと難しいものだと思っていたけど、意外と簡単に作れた。」

12:00~13:00活動の振り返り
地域サポーターからの感想「新しいものを覚えたり自分で作るのは楽しいけど、教える事には不安があった。しかし前回の活動に参加した方々がとても楽しんでいたのを見て、指導の方も頑張って挑戦した。今後はサポーターも少しずつ増えてくれる事を期待したい。」「お母さん達が喜んでいたので良かった。自分で作ったという充実感があった。」「子守を担当したが楽しかった。若返るよう。」「初めて子育て支援センターに来たが、楽しかったので、また来てみたい。」
DSC00064_800DSC00065_800

↑このページの先頭へ