SOATとは

私たちの想い

造形は、人の心を癒してくれたり、勇気を与えてくれたりする日常生活の“オアシスです。造形作家を志し、作品を創作する作家は少なくないのですが、その作品を皆さんに見ていただく「発表の場」には決して恵まれていないのが現状です。私たちは、そのような作家の作品を広く多くの皆さまに見ていただく機会を作り、微力ではありますが、芸術文化の輪を少しでも広げていきたいと考えています。個展の開催、企画展出展への支援など、東北にゆかりのある造形作家が世界に羽ばたき、東北の芸術文化の向上に少しでも寄与して行くこと。
それが私たちの願いです

SOATの復興支援活動

2011年4月1日より被災した作家やアートグループ、学校などに全国から届けられた画材などを届ける被災地支援活動「にじいろぱれっと」を開始。企業や団体、個人からの支援金により被災地の子供たちの心のケアを目的としたアート支援および被災地NPOの支援活動をサポートしています。

尚、SOAT のこのような活動に支援金・助成金などご協力をして下さる企業・団体・個人を募集しております。

Our hope

Creating art and design heals the heart and gives courage in daily life like an "oasis" . There are a lot of people who want to be an artists, but the reality is that there are little opportunity to exhibit their works. We make an opportunity to have many people to watch the artists' works, and we would like to widen art culture of Northeast Japan. It is our hope to improve the art culture in Northeaset Japan. In order to do that, we would like to keep supporting the exhibitions and the artists to work globally.

SOAT's reconstion support

We started reconstruction support called "Reinbow Palette" since April 1st 2011, that we deliver art materials to the artists who live in the disaster area. Also, we support reconstruction works of NPO, and art support for the children in the disaster area. We raise the companies, groups, and individuals who support our activity.

↑このページの先頭へ