にじいろぱれっと

9/17 福島県富岡町・ものつくりアートワークショップ「カレンダーボードつくり」リモート開催

令和3年7月29日(木)13:00~16:00
実施場所:富岡町社会福祉協議会小ホール・富岡ホテル会議室
参加者:住民12名
富岡町社会福祉協議会職員/2名 
SOAT/2名(藤原、高橋)

趣旨
「アートワークショップ」では作品をつくるプロセスや、そこで行われるコミュニケーションを大切にしています。ともに時間を過ごす人びとのふれあいを感じながら、ものつくりに集中し日常と異なる時間を過ごすことが心のケアに繋がると考えています。

新型コロナウイルス感染症による「緊急事態態宣言」「まん延防止等重点措置の実施」を受け、8月よりアートワークショップの開催を延期・中止してきました。
状況を鑑み、帰還されたみなさんの「心のケア」を切れ目なく行うため、富岡町社会福祉協議会様にご協力をいただき、オンラインリモートでのアートワークショップを開催いたしました。

SOATはもちろん、多くの参加者のみなさんが「初めて」となるオンラインリモートでのものづくりワークショップの開催です。

リモートでも不自由なく楽しんでいただけるよう、事前に材料の仕立て、道具の準備、段取りや進行詳細の文章化を行い、開催当日に富岡町側の会場フォローをしてくださる社協支援員のみなさんと共有、打ち合わせをして臨みました。

当日はトラブルなく、スムーズに会を進めることができました。リモートでも作りやすいように、シンプルなコンテンツとしたため、参加者が「物足りなさ」を感じることを懸念していました。しかし、参加者のみなさんからは「(SOATが)元気そうで良かった!」「次は会いたいね!」と声をかけていただき、オンラインながらも、お互いの顔と声を見聞きし、コミュニケ-ションを取れたことに喜びを感じて下さった様子に安堵いたしました。

リモート開催を体験した感想~アンケート結果より 
・早くコロナ禍が過ぎて、直接お会いし一緒に出来たら良かったです
・とても楽しくかわいらしいのが出来ました
・(材料や道具について)小さいものまで準備してもらい安心できた。
・(パソコン越しだが)説明が丁寧でわかりやすかった
・参加してよかったです など

↑このページの先頭へ