TBCハウジングステーション

「おでかけポーチをつくろう!」

開催日時:2021年 6月20日(日)11:00~16:00
開催場所:TBCハウジングステーション仙台駅東口 屋外
参加者:11名・6組(大人2名・子ども9名/男1名・女10名/午前6名・午後5名/会場制作9名・キット持ち帰り3名)
指導:SOAT佐藤、サポート:宮教大学生1名

SOATオリジナル工作布を使って、「お出かけポーチ作り」を開催しました。
参加者は、好みの「お出かけポーチ」になるように布の柄やパーツ選びを楽しんでいました。

作り方の手順は、蓋部分にマグネットホックをはめ、ポーチの両端をボンドで貼り合わせ飾りや肩紐を付けて完成。小学生のお子さんでもほとんど一人で作れる内容になっています。

少し難しい所は保護者の方に手伝ってもらうような場面もありましたが、「自分でやってみる!」とできるまで頑張るお子さんも多く、保護者はその姿を静かに見守りました。参加者は、集中してスムーズに作業が進み、30分程度で立派なポーチが完成しました。


参加者の感想:
「移動ポケットとしても使えそう。ちょうど探していたので作れて良かった。」「ボンドだけで作ったとは思えない。意外と丈夫。」「少し難しいところもあったけど、楽しかった。」などの感想がありました。

講師所感:
ボンドが完全に乾くには、布により12時間~24時間かかるので次の日から使えるようになる事を伝えると、「じゃあ明日になったら使ってみよう!」と嬉しそうでした。
自分で作ったポーチで楽しくお出掛けしていただけたら嬉しいです。

SOATオリジナル工作布の作り方

※新型コロナウイルス対策として、参加前の検温、手や道具の消毒、座席の間隔を開けて少人数ずつの受け入れ、マスクの着用等を行いながらの実施となりました。

↑このページの先頭へ